初読み作家さん

川瀬七緒さんの[ヴィンテージガール 仕立屋探偵 桐ケ谷京介]を読みました。
初読み作家さんです。
まずこのお話し。
出てくる人達がとても好きです。
ストーリーが面白いかも重要ですが、やっぱり登場人物たちが好ましいかそうでないかは読み進めていく気力にもつながります。
技術はあるのに営業力がなくて廃れていってしまう、技術者の技。
それを日本どころか世界の企業に橋渡しをする仕立屋さんの桐ケ谷。
とても素晴らしい仕事ですし、目利きも必要。
彼は洋服を作る技術だけじゃなくて、着用している洋服を見ればその人の健康状態やクセまでわかる。
物語は未解決事件特集をテレビで見て、殺された少女の洋服に目を止めて動きだします。
個性的だけど専門知識が豊富なキャラ達も楽しませてくれました。

コメントは受け付けていません。