羨ましい医師の部屋

ここ最近の猛烈に暑い夏、ちょっと異常ですよね。
私が子供の頃はまだまだクーラーがそれほど一般的じゃなかったけれど
それでもこれほど辛いことはありませんでした。
なんせ、エアコンをつけていても暑く感じましたからね。
エアコンが故障したらなんて考えるとかなり恐ろしいです。

エアコンが故障すると業者を呼ぶんでしょうけど、大抵それ程すぐには
来てもらえません。
業者さん曰く、やはり修理状況も激混みなんだそうで。
そりゃそうですよね、エアコンの故障を一刻も早く治して欲しいのが夏ですから。

自宅でそれを経験したことはないんですけど、
以前勤めていた職場では年に一度くらいはそういうことがありました。
それほどまだ年数が経っていたわけじゃないんですけど、
全館冷房になるはずの機械が壊れちゃうですよね。
全館冷房だからこれが壊れると、どこも涼しくないんです。
制服は薄手とは言え長袖でしたからもう本気で地獄です。

ところが……全館冷房のはずが例外の場所があったんです。
それが医師の部屋、医局と呼ばれる部屋と院長室だったんです。
その部屋だけ別のエアコンがついてたんですよね。
普段は用事がないので入れないんですよね……。
まあ、通常なら用事があっても私の場合はあまり入りたくないんですけどね。
こういう場合は話が別です。

医師を呼びに行かなくちゃならない場合は率先していきます。
医師からの呼び出しにも早急に応じます。

どうしてあの部屋だけ特別なのかと思わないでもなかったですけど
一職員と医師の違いなんでしょうね。痛いほどそれを感じました。
刑務所の医師とかも「冷房付き」とか求人にかいてあるのかな(笑)

コメントは受け付けていません。