『われ鍋にとじ蓋』

寒いからこそ美味しいのが鍋料理!
ですが、私はとくに好きってことはないですね。
どじょう鍋なんかは申し訳ないですけど気持ちが悪いです。
『われ鍋にとじ蓋』
正式な漢字は「閉じるに蓋で閉蓋」だと思っていましたが違うらしいです。
綴るに蓋で「綴蓋」が正解です。
破れ鍋とはひびの入った、一部が欠けた鍋。
割れ鍋の割れるでは完全に割れていて使えない鍋になってしまいます。
つなぎの入った蓋が綴じ蓋。
どんな人にもそれ相応の配偶者がいる。
それは今現在シングルの人でも相応の相手がいるということは慰めになりますね。
良い意味ではないということです。
だから漢字は割れるほうではなく、綴る方が正解です。
漢字を知るともっと深いところまで理解が深まりますね。

薬剤師として把握するべき問題点とは何か

最近薬剤師として把握するべき問題点として、個人的に「かかりつけ薬剤師」が挙げられます。これについては別途綴りたいと思います。

今回、大きなところで薬剤師として常に把握しておかなければならない問題点としてまとめたいところが、「自分の欠点」という部分です。要するに、自分との戦いなワケです。薬剤師はミスることが許されることではないという世界の中で常に生活をしています。これは結構大変なストレスの中での生活です。そこから見つかる自分にある問題点を常に探していかなければなりません。そうすることにより色々と分かることがあります。

自分はどういった部分で強さを発揮し、どんな場所で弱さが露呈するのか。ここを知ることができれば薬剤師としても成功することができるでしょう。こんな簡単なことなのに、それに気付くことが出来ないのは間違っています。自分を知り、そして改善する。毎日が自分との戦いだと気付くことが薬剤師として成長するのに手っ取り早いのではないかと考えることができます。

しかしプロのアスリートなどに聞いても「最大の敵は自分」と返ってきます。甘えたい、楽をしたい。こういった心の内から出てくる誘惑にどれだけ抵抗することができるのか。ここを常に考えて行動していかなければいけません。それができるようになれば、きっとそういった世界において大きな活躍をすることが可能となるでしょう。それは決して短い未来ではありません。

今の流行は・・・?

今年の流行のメイクとしてはアイメイクにグラデーションをつけるのは古いそうです。
ずーっと昔からグラデーションをつけるのはありましたよね。
そうですか。古いんですか。
でもハイライトをつけるのだからワントーンでもないですね。
メイクのモデルさんも、さすがモデルさん!って感じの美人ですよね。
雑誌によっては、一重の人や奥二重の人用のメイクも載っていますがたいていはくっきり二重の人です。
そしてかなりの美人。
モデルさんですからね。
そんなくっきり二重の美人の真似をしたところでたかがしれているって思います。
あとは照明だってバンバンあたっているし、写真の修整だってされているはずです。
あまり参考にはなりませんね。
このやりかたは古いというのだけはチェックしようと思います。

姻族関係終了届

結婚していた配偶者が亡くなった場合、義理の両親などとの関係はそのまま続きますね。
しかしその関係を断ち切る方法もあるってご存知ですか?
姻族関係終了届、別名は絶縁届です。
姻族(いんぞく)とは結婚によりできた親族のことです。
義理の両親をはじめとする義理の兄弟なども入ります。
最近は夫を亡くした奥さん側が出すことも多くなっているんですって。
夫が亡くなったのに義理の両親の介護をしたくないなどなど。
そりゃあ、そうですよね。
実の親だって大変なんですから。
あとは金銭感覚に問題のある義理の兄弟などの面倒を断ち切るのにも有効的のようです。
この話題で男性は寂しいことだと言い、女性は良いことだと言います。
男女の差がここに出てきていますね。

「飛び猫」

欲しい欲しいと思っていたものを手に入れたら、思っているよりも大した感動はなかったということってありますよね。
以前、テレビで見かけた「飛び猫」という写真集が欲しかったんです。
タイトルの通り、猫が飛んでいるというかジャンプした瞬間を映しているんですよ。
猫を無理やり飛ばすことは出来ないので何時間も待つらしいですよ。
可愛いけれど、それだけでしたね。(笑)
いや、期待しすぎていた私が悪いんです。
飼い猫というわけではないので野良猫さんですかね。
もうちょっと可愛い顔の猫だったらいいなって、私の個人的な好みの問題です。
ジャンプしている瞬間の猫の足とか顔も可愛いので買って間違いはありません。
画像を取り込んでデスクトップに入れたいなと思います。

不審な電話がありました

平日の昼間に、兄の名前の一部を名乗る男性からの電話があって父親がとったそうです。
本人じゃないなとすぐに気が付いたけど、ベラベラ話し出す相手。
その内容が微妙に息子にかぶる。
最初は詐欺を疑ったそうですけど内容からしてただの報告だったしお金を要求することもない。
ずっと黙っていたら「聞いてるの?」と切れ気味に聞かれて
「お前は誰なんだよ?!」と言ったら相手もミスに気が付いたようです。
会社を休んで病院にいるそうで、どうやら病院内の電話でかけているよう。
病院で携帯は使えないから、公衆電話で自分で直接打ち込んで間違えたっぽいです。
間違い電話だと指摘する間もなく、喋り続けたってのも笑えますね。
自分の主張だけをバーッと電話口で話す人がいるのでわかります。

自分の中でグルグル

自分の中でグルグルグルグルと不満がつもりにつもっているのを感じています。
相手があってこその社会人生活ですけど、相手に気おくれして自分の意見を言えないのは結局自分のせいなんですよね。
歳をとってもそこらへんが駄目だとストレスが溜まるばかりです。
理不尽だと思ったらちゃんと意見をすればいいのですが出来ない。
そこがまた自分のふがいなさを感じて嫌な気分になるんでしょうね。
ハッキリと意見が言える人がうらやましいです。
コミュニティーの中での自分の立ち位置が低いという問題もありますけど、それにしても自分自身でもっと成長しないといけないんですよね。
生きるって大変。単純にそう思います。
あらがうことが出来ない病の中で生きている人もいるのだから、そうでない場合は自分でなんとかしないといけません。

虫全般が嫌い

虫全般が嫌いなので警戒して生きているし、遭遇したら叫んでしまうこともあります。
でも嫌いなんだから仕方がないですよね?
先日、普段は私は閉めないけれど暗くなっているのに雨戸を閉めていなかったので私がやったんですよ。
網戸をまずあけたら上からボトっと何かが落ちました。
そのときに網戸を開けた方も右手に何かがかすっていったんですよ。
下をみたらイモリだかヤモリだかトカゲだかがいたので、きゃーっと叫んでしまいました。
そこで家人に「うるさい」と一喝されてしまいました。
普通に遭遇しても叫びはしないけれど、自宅の中側にいたんですよ。
しかも自分の手に当たっていったんですよ。
そりゃ叫ぶし驚くでしょ。
だったら早く閉めろよ!と思ったし嫌な気分ばかりでした。

前世で添い遂げられなかった恋人?

タイの男女の双子は前世で添い遂げられなかった恋人とされていてるそうです。
だから子供の頃に2人の結婚式をして、神様に願いがなかったと知らせるんだとか。
この話題で女性アナウンサーの人が
「凄くロマンティックですね!」って言っていましたけど・・・
ロマンティック?そうですかね?
小さい子供の結婚式姿は可愛いですよ。
親は写真を撮りたいでしょうね。
それはいいけど、なんだか勢いでキスをする2人に大盛り上がりのまりの状況とか違和感を覚えました。
まあ、海外だとキスって挨拶の延長みたいなものがあるからそんなに重要なものではないし大したことはないのかもしれません。
双子たちが大人になって嫌がるようなことがなければ、いいかな。

嘘はいけません!

海外での出来事で、誘拐されてそこから逃げてきた少年の話しです。
犯人の特徴を詳しく説明したのですぐに捕まるかと思われましたが一ヶ月もみつかりません。
再度警察が少年から話しを聞こうとしたら思わぬことが発覚します。
歯医者の定期検診に行きたくなくて狂言誘拐をしたそうです。
子供にとって歯医者は嫌なものでしょうし、それどころか大人でも嫌ですよ。
でも定期検診ということは、虫歯を事前に見つけられた方が簡単な処置で済むじゃないですか。
昔と違って今は痛みも少ないし予防できた方がいいのに。
虫歯は自然には治らないものですからね。
それでも苦手意識が強かったのかもしれないけど警察まで動かしてしまうのは笑いごとでは済ませません。