なぜ薬剤師が…

コンビニでも売られてますから、コンビニで買えばよさそうなものなんですが、わざわざ薬剤師のいる薬店で避妊具を買う人が少なくないんですね。避妊具なんて、他に使い道はないわけでしょ。ですから、何をやるかは、わかっちゃうんですね。わかっちゃう、っていうか、宣言してるようなもんなんですよ。

でも、それを薬剤師は売るわけです。そういう役割ですからね。でも、薬剤師とはいえ人間。何をするかはわかっちゃってますから、上から下までジロジロと見ちゃうことがあったりするわけですよ。

何でしょうねぇ。例えば、お茶屋さんで海苔が扱われてたり、たぶん昔は関連があったんでしょうけど、今となっては関係なさそうなものを扱わないといけないこと、って、ありませんか。薬局や薬店での避妊具なんて、たぶん昔は薬剤師が必要だったのかもしれないとは思いつつ、今となっては、薬剤師なんて、必要ない気がしませんかね。

薬剤師を、間に入れていただけるんならまだしも。そんなことはあり得ないはずですけど。

まして、「まず薬剤師である私が…」なんてことも、ないわけですからねぇ。それだったら、薬剤師志望の若者が増えそうですけどね。殺到しちゃいそうな気がします。

コメントは受け付けていません。