海外ドラマ

「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6」を見ています。
最初の方は見ていないのですが、何回か見てファンになりました。
主人公の根幹にかかわる重大なシーンは見ていないのが残念ですがそれは仕方がありません。
見ようと思えば見れますからとりあえず一週間は無料という期間で見ています。
海外のドラマはシリーズものが多くてその上、何年も続けているものが多いという印象です。
長年続けていると出演者に愛着がわくものです。
それなのに降板する人っているんですよね。
しかもそれがギャラの問題というのばかり?
あとは不仲説とか、物語に水をさすようなことは残念で仕方がありません。
キャッスルもまさか、主役カップルの女性が降板するなんて信じられません。

コメントは受け付けていません。