光り輝く存在

光り輝く存在がいるということは、陰日向になっている存在もあるということです。
10代で若くしてタイトルを取った棋士がいて、話題になるのはわかります。
どれだけ難しいことかすらわからない一般人でも、がんばっている、すごいなとわかりますよ。
ただのその棋士がお昼に何を食べた、おやつに何を選んだって話題には少々うんざりしています。
ワイドショーの話題としては別に良いのですが、相手の棋士は?って思います。
大した情報量でもないのに、何故二人に差をつけるのか。
あの人は人気があるからと気にしない人もいるでしょうけれど、実力とは関係ない格差は必要ないです。
五輪のメダルもそうです。
レジェンドと言われる人は凄いけど、団体ならチームメイトのことにもふれるべきです。