三温糖を使ったきなこねじり

三温糖を使ったきなこねじりに、めちゃくちゃはまっています。
売っているところが限られているけれど、一回に3つくらいは購入しちゃいますね。
チョコレートや洋菓子よりは健康的では?
と思ったのですが、こんなにいっぱい食べまくっているようでは健康ってことにもならないようです。(笑)
まあまあの高さだけど、美味しいから買ってしまいます。
かなり前にきなこ棒にはまった時がありました。
でもあちらはぼそぼそしているに歯にくっつくというか・・・。
味は美味しいけどマイブームは続きませんでしたね。
きなこねじりに関しては、なんだか長期にわたってブームが続きそうな予感がします。
食べやすいのでお菓子を食べる時間以外でもついつい食べてしまうのは良くないのですが・・。

リクらくでニートを卒業した口コミ

私の友人がリクらくという転職サイトを使ってニートを卒業したそうです。完全なるニート・無職から外貨を扱うFX会社のカスタマーサポートに転職できたそうです。

FX会社では日々増えていく顧客のニーズにいち早く答えられるよう、そして満足できるサービスを提供できるよう、サポート面での人材確保にも力を入れています。カスタマーサポートの求人はまさにその主たるセクションを担う人材を求めるものであり、カスタマーサポートを経験することでFX会社にとって重要な顧客を第一に考えられるスタッフ・マネージャーになることも可能と考えられています。この仕事は多少FXの知識を身に着けられれば経験不問で20代でもニートでもいけるんだそうですね。顧客からの問い合わせの窓口となるカスタマーサポートの役割は非常に大きいものですよね。対面証券会社では営業マンなどを通して行われるやりとりがネット証券だとカスタマーサポートを通じて行われるわけですから、いわゆる営業マンや投資アドバイザーなどと同様の知識や対応を求められる事になるわけです。そんな「大役」にニートから転職できたわけですからリクらくはなかなかすごいですよね。「ニートからフリーター・第二新卒まで!「リクらく」の評判・口コミは?」というページにも3名のリクらく利用者の口コミが掲載されています。ニートの方の口コミを2名分ありますね。

その友人いわくカスタマーサポートはネット証券の顔となる存在になるため、常に顧客を意識して仕事に臨む必要があり、そのため実際に対面での仕事は少ないですが、顧客のイメージを感じながら仕事にあたることが重要な部署となるそうです。そういう点はリクらくでも転職活動の時に言われたそうです。責任感やコミュニケーション力、誰とでも気軽に、積極的に行動できる資質を持っていれば、より仕事に魅力を感じ、やりがいを覚えながら仕事を行うことが出来るという感じだそうです。

その友人がリクらくを使った感想としては、求人募集の多くは未経験可、学歴不問だったそうです。単純なコールセンター・カスタマーサポートの仕事も多かったそうですが結構重要なポジションの仕事も多かったんだとか。そのニートの友人が採用されたのは新規顧客開拓のためのプロジェクトに参加し、かつプロジェクトマネージャーとして活躍していくことも可能な採用枠なようです。実際カスタマーサポートの経験を通じて、プロジェクトマネージャーとして活躍している方も多くいるとリクらくの人が言っていたようです。特に女性で活躍している方が多く、FX業界自体男性だけではなく、女性が主戦力として活躍できる土壌が整っていることがわかります。

ニートからの脱却に成功した口コミの紹介でしたが、その友人は顧客からの問い合わせに答えるだけではなく、それを通じてサービスを生み出す、ひとりひとりがベンチャースピリットをもった人材でありたいと言っていました。ニートという底辺の状態からそういうマインドまでいけたのはリクらくのおかげだそうですね。