白内障検査

視力点差…水晶体が白く濁っていても受ける
屈折検査…角膜を調べる。
角膜内皮細胞検査…角膜の強さがわかる。
眼軸帳検査…目の奥行きがどれくらいか調べる。近眼は長く遠視の人は短い。
以上のことを調べてその人の適正を調べる
角膜の細胞は角膜を透明に保つのに非常に大切です。
細胞が多い方が角膜が頑丈でクリアに見える。
多少合わなくなったらメガネで矯正することになり、レンズを入れ替えるようなことはほぼない。
白内障が進行すると外からみても白目がわかるくらいになり、そうなるとほとんど目が見えない状態です。
白内障で最悪な状態になる前にはさまざまなサインがあります。
毎日が曇りになり視界にカスミがかかる。
日差しの中にいるとやけにまぶしく感じる。
ものがダブって見えるというサイン。
老眼鏡をかけているのに近くが見えずらい。
近づいてくる人の顔が見分けにくい。