人同士のコミュニケーション

正しい意見でも思いやりがなれば言われた人は傷つくという一文を読みました。
まあ、そうですね。
正論をつかれるとムッときたりしますしね。
なにごとも、人に対する伝え方というのがあります。
念には念を入れて、十分配慮したつもりで話してもその努力が報われない場合もあるし、その相手がひんまがった性格であればこちらの気遣いは皆無でしょう。
人同士のコミュニケーションって本当に難しいですね。
こういうところに合う合わないがあるのだと思いますが、波長があう人と出会うのもこれまた難しいですね。
職場だったり仕事などがあると相性とかは関係ないといえば関係ない。
相手も多少配慮してくれればいいのに、うまくいかないことは多々あります。

あるべきものがないと!

いつもと違うことがあると、いつも自分がしていたことに気が付きます。
今、私は眼鏡のつるが片方ないものをかけています。
あるべきものがないと、大変です。(笑)
片方しかつるがないとちょっと触っただけでずれて落ちてしまうんですよ。
今まで気が付かなかったけど、顔を触ることが多いということです。
顔が痒かったり目を触りたくなったりとクセなのかもしれません。
普通に眼鏡をかけているつもりなんで、手を顔に近づけてしまうんです。
あたらしい眼鏡をなんとしても早く購入したいです。
だけど平日に買うのって難しいですよね。
私にとってはすぐにでも必要なんですが。
とりあえず外出するときはコンタクトでしのぐつもりですけど、ずっとつけているのは苦痛なので自宅では外したいです。

世界中で暗いニュースばかり

世界中で暗いニュースばかり、悲しい話しばかり。
それにのっかってどんよりとした気分で一日をすごしても仕方がありません。
自分なりに小さな幸せをみつけて、まだ大丈夫、幸せはある、全然大丈夫となぐさめる日々です。
なかなかポジティブになれないけれど、これは自分自身の気分をあげるようにするための訓練ですよ。
本当はこういうのは、親しい人達をやってみたいけれど、会うことすら良くないというウィルス野郎のせいでそうもいきません。
楽しいこと、小さな幸せをみつけることが得意な人はSNSを通じておすそわけをしている人もいますね。
有名人であれば、自分のファンに向けて元気を届けられます。
自分なりに、ちょっとずつでも笑っていられるようにしたいです。

キャベツは葉2枚で・・・

キャベツは葉2枚で一日でビタミンCがとれてしまう!そうですよ。
外側の葉っぱはおいしくないと捨ててしまうのはよくない。
ビタミンCが一番あるのは外側。
つけもの、あえもの、スープなどに利用
硬いよりも汚れが気になるかなぁ。
上下半分にカットして、柔らかいうえはサラダなどの生食、硬い所は加熱。
千切りは水にさらすというのが多いが、それでは20%失われてしまいます。
春キャベツはとくに水にさらさない!
キャベツは切って細胞がつぶれるとイソチオシアネートが力を発揮する
抗がん作用
よく噛めば酵素反応が起きるのでそれも良し!
栄養が十分な量にたっすると紫になって光合成を抑えようとするのでビタミンCがたっぷりということなので、紫色のキャベツを買いましょう。

テレビCMでツッコミ

テレビCMでツッコミたくなるやつのはなし。
某ジャニーズのアラフォー出演のものです。
喧嘩をしたあとはマーボー豆腐をつくる。
出来上がったら子供が「できたよ~」と妻を呼ぶ。
微笑む妻。そして自分で作っておきながら自分で「おいしいね!」
なんだそりゃ!!!!
喧嘩をして気まずいときだけしか料理をしそうにない夫。
気まずいので自分で呼べずに子供に声かけさせる夫。
上記の通り自分でおいしいねと言い同意を求める夫。
ぜんぜん良い家族像なんてないんですけど。
これを見てこの商品が良いと思う人がいるんでしょうか。
狡賢い夫にしか見えないのは私だけなんだろうか?
思い切って、同僚薬剤師のGさんに聞いてみたら笑われました。
そう言われてみればそうだねと同意もありましたよ!

三温糖を使ったきなこねじり

三温糖を使ったきなこねじりに、めちゃくちゃはまっています。
売っているところが限られているけれど、一回に3つくらいは購入しちゃいますね。
チョコレートや洋菓子よりは健康的では?
と思ったのですが、こんなにいっぱい食べまくっているようでは健康ってことにもならないようです。(笑)
まあまあの高さだけど、美味しいから買ってしまいます。
かなり前にきなこ棒にはまった時がありました。
でもあちらはぼそぼそしているに歯にくっつくというか・・・。
味は美味しいけどマイブームは続きませんでしたね。
きなこねじりに関しては、なんだか長期にわたってブームが続きそうな予感がします。
食べやすいのでお菓子を食べる時間以外でもついつい食べてしまうのは良くないのですが・・。

リクらくでニートを卒業した口コミ

私の友人がリクらくという転職サイトを使ってニートを卒業したそうです。完全なるニート・無職から外貨を扱うFX会社のカスタマーサポートに転職できたそうです。

FX会社では日々増えていく顧客のニーズにいち早く答えられるよう、そして満足できるサービスを提供できるよう、サポート面での人材確保にも力を入れています。カスタマーサポートの求人はまさにその主たるセクションを担う人材を求めるものであり、カスタマーサポートを経験することでFX会社にとって重要な顧客を第一に考えられるスタッフ・マネージャーになることも可能と考えられています。この仕事は多少FXの知識を身に着けられれば経験不問で20代でもニートでもいけるんだそうですね。顧客からの問い合わせの窓口となるカスタマーサポートの役割は非常に大きいものですよね。対面証券会社では営業マンなどを通して行われるやりとりがネット証券だとカスタマーサポートを通じて行われるわけですから、いわゆる営業マンや投資アドバイザーなどと同様の知識や対応を求められる事になるわけです。そんな「大役」にニートから転職できたわけですからリクらくはなかなかすごいですよね。「ニートからフリーター・第二新卒まで!「リクらく」の評判・口コミは?」というページにも3名のリクらく利用者の口コミが掲載されています。ニートの方の口コミを2名分ありますね。

その友人いわくカスタマーサポートはネット証券の顔となる存在になるため、常に顧客を意識して仕事に臨む必要があり、そのため実際に対面での仕事は少ないですが、顧客のイメージを感じながら仕事にあたることが重要な部署となるそうです。そういう点はリクらくでも転職活動の時に言われたそうです。責任感やコミュニケーション力、誰とでも気軽に、積極的に行動できる資質を持っていれば、より仕事に魅力を感じ、やりがいを覚えながら仕事を行うことが出来るという感じだそうです。

その友人がリクらくを使った感想としては、求人募集の多くは未経験可、学歴不問だったそうです。単純なコールセンター・カスタマーサポートの仕事も多かったそうですが結構重要なポジションの仕事も多かったんだとか。そのニートの友人が採用されたのは新規顧客開拓のためのプロジェクトに参加し、かつプロジェクトマネージャーとして活躍していくことも可能な採用枠なようです。実際カスタマーサポートの経験を通じて、プロジェクトマネージャーとして活躍している方も多くいるとリクらくの人が言っていたようです。特に女性で活躍している方が多く、FX業界自体男性だけではなく、女性が主戦力として活躍できる土壌が整っていることがわかります。

ニートからの脱却に成功した口コミの紹介でしたが、その友人は顧客からの問い合わせに答えるだけではなく、それを通じてサービスを生み出す、ひとりひとりがベンチャースピリットをもった人材でありたいと言っていました。ニートという底辺の状態からそういうマインドまでいけたのはリクらくのおかげだそうですね。

おしゃれのつもり

おしゃれってなんなんでしょうか。
二連のチェーンネックレスを購入したんです。
短いものよりも洋服とのバランスをとって長いネックレスの方が好きでつけています。
こちらもツイストタイプのネックレスで、かなり安いのにとても気に入りました。
しかし初めてつけた当時に、お店の中を歩いていたらネックレスがひっかかってとれてしまいました。
一瞬、切れてしまったんかと思ってヒヤッとしました。
だって首から取れてお店の棚にひっかかっていたんですから。
でも切れてはいない。
一連はただ同じわっかのチェーンがまかれていただけなのか?
とりあえず、二連にしてつけて帰宅しました。
でもよくよくみたら、やっぱりおかしい。
指輪もさ、髪の毛とかこの季節はニットにひっかかる。
おしゃれのつもりでつけているのみ面倒です。

人に対する好き嫌い

人に対する好き嫌いって何で発動するかわかりませんね。
可愛い人、可愛い子、可愛い動物。
アイドルでもそうですが信者になるくらい可愛いと思う人もいるし、アンチになる人もいる。
全員が好んで褒めたたえるなんてことはあり得ませんからね。
インスタに自分の子供を載せるのもどうかと思います。
可愛いと話題になった小さな子がいましたが、なんだか・・・可愛いとは思えませんでした。
ぱっちりとした凄く黒目が大きい女の子。
可愛い部類に入るからこそだからか、なんか絶賛できない感じでした。
赤ちゃんモデルをするくらいの見た目なのだからおそらく可愛いんですよ。
でも好きになれない見た目の人っているんですよね。
人によってそういう人っていますよね?

打ち切られたのが分かる

大人気ドラマ、クリミナルマインドの別シリーズ。
アメリカ人が海外で犯罪に巻き込まれたときに捜査するストーリーになっています。
楽しみにしていた日本編。
でも、期待外れでした。
だって日本って言っているのに、どことなく中国と間違えているような事が多いです。
仕方がないのかもしれないけど「日本ってこういうことがある」ってのが、いまいちピンとこない。
築地ってあんな中国屋台みたいなのないだろ!と思いました。
登場している「日本人」も、これは日本人じゃないなって人がいます。
本家は人気なのにこちらはすぐに打ち切られたのが分かるわ~。
って、これを見ているとよく思うことです。
というか毎回思っています。
もう見なくても良いかなと思いつつ惰性で見ています。